脱毛クリニックに通う間隔

初めは、1回だけ行けば脱毛が完了すると思っていたので、髭脱毛に何度も通わなければいけないことを知ったとき、めんどくささを感じました。

しかし、なぜ間隔を開けて髭脱毛クリニックに通う必要があるのかを知らないままにするのもストレスが溜まってしまいます。

髭脱毛は、なぜ通う必要があるのかは、毛周期と髭の濃さで違いが出てくることを解説しています。

毛周期に合わせて通う間隔が決まる

髭の脱毛処理を希望するほとんどの人は、「短期間で集中的に施術をして髭が生えなくなるようにしてほしい」と考えています。

とはいえ、髭脱毛は医療用レーザーを毎日当てたからといって、髭脱毛の効果がアップするというわけではありません。

その理由は「髭の毛周期」にあります。

髪の毛や他の体毛と同じく、髭も定期的に生えかわっています。

毛乳頭から生え出て、成長し、やがて抜けるまでのサイクルを「毛周期」と言います。

髭の毛周期は早い人で5週間程度、一般的には2カ月前後とされています。

レーザー脱毛では、髭に熱を加えて伝播させることで毛乳頭を破壊します。

つまり、髭が毛乳頭につながっている成長期の髭にしか施術の効果がなく、成長期以外の毛にレーザーを当てても毛乳頭を破壊できません。

このため、レーザー脱毛の施術間隔は毛周期に合わせて行うというわけです。

髭脱毛クリニックに通う目安の間隔

髭脱毛クリニックに通う目安は、脱毛の方式および髭の濃さによって異なります。

レーザー脱毛の場合、髭が生えかわる周期に合わせて1~3カ月ごとにクリニックへ行く必要があります。

一例として、わたしが湘南美容外科池袋西口院に相談したときには、1カ月半から2カ月に1度の間隔でクリニックへ通うことを勧められました。

ただし、髭がとても太く、伸びるペースも非常に早いという人の場合、4週間ないし5週間前後という早い間隔で脱毛処理を受けることもあり、通う間隔はかなりの個人差があります。

一方、光脱毛の場合は、照射するレーザーの出力が医療レーザー脱毛と比較して劣るため、2週間ないし1カ月に1度通って脱毛処理を受けるほうが効果的とされています。

ただし、光脱毛での髭脱毛は脱毛効果をまったく期待できないので、このサイトでは紹介をしていません。

髭脱毛は1年半から2年は通う必要がある

髭の薄い人でも脱毛には平均して、10回程度通う必要があります。

2カ月に1回のペースで通うなら、施術完了までは1年半から2年程度かかることになります。

それほど髭が濃い人でなければ、10回前後の施術で十分に脱毛効果を実感することができるはずです。

わたしの場合、3回目ないし4回目の施術後から髭脱毛の効果を感じることができました。

首の脱毛に関しては、8回目を過ぎたころから毎日シェービングをする必要はほとんどなくなりました。

ただし髭が非常に濃い人や、1本も残さず脱毛したいという人は15~20回程度、2年半から3年ほど定期的にクリニックで脱毛処理をする必要があります。

また髭の色素が薄い人も、熱が毛乳頭まで伝わりにくいことから脱毛の効果が出にくいため、10回以上通わなければなりません。

まとめ

人によって毛周期や髭の濃さが違うので、通う間隔が違ってくるのがわかりました。

大まかには、髭が薄い人と濃い人で分けてみました。

  • 髭が薄い人:2~3ヶ月に一度、10回程度通う
  • 髭が濃い人:1~2ヶ月に一度、15~20回程度通う

あなたは髭が薄いですか?濃いですか?
薄くてもそれなりに通う必要があるので、通いやすい場所にある脱毛クリニックを選ぶことが大切です。

このサイトの最初での重要なポイントとして上げているので、参考にしてみてください。

→レーザー脱毛のクリニック選びで大事なこと