髭脱毛で5歳は若返る効果がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

髭のせいで、年齢よりも老けて見られて悩んでいる方が多いです。

髭を剃ると若く見られるかというと、そうでもなく青髭が目立ってしまい、また悩むことになります。

結局、髭があってもなくても、老けて見られてしまう理由について、考察しました。

髭脱毛すると若く見える理由

日本では髭を蓄えているサラリーマンをあまり見かけません。

その理由としては「清潔感がないと思われやすい」と「老けて見える」の2つが挙げられます。

私も青髭が目立っていた時には、周囲から実際の年齢よりも10歳は上に見られていました。

しかし、髭脱毛をすることで肌の状態が良くなる、というのが若く見られる要因と言えるでしょう。

 

髭が濃いと、無精髭にならないよう毎日定期的にシェービングを行う必要があります。

大抵は深剃りをするので、肌へかなりの負担をかけることになります。

そのため肌が荒れることが多く、また剃刀負けもした肌のため、若々しく見えなくなります。

髭脱毛をすることによって、シェービングによる肌への負担がなくなるため、肌は明るくキレイになります。

わたしも脱毛をしてからは「以前よりも若々しくなった」と言われることが多くなりました。

 

サラリーマンの青髭はなぜ老けて見えるのか

青髭で悩むサラリーマンは少なくありません。

その理由としては「若いのに老けて見られる」という点が挙げられるでしょう。

日本では「サラリーマンは髭をキレイに整えているもの」というイメージが一般的であり、また「無精髭を生やしている人は、自分の身繕いがきちんとできなくなったおじさん」というイメージも根強くあります。

そのため、無精ひげや青髭が目立っていると「老けている」と判断されてしまうのです。

 

もう1つの要因は「肌と髭色のコントラスト」です。

欧米人のように髭を含む体毛が金色もしくは白色の場合、多少伸びていても白い肌になじむためそれほど目立つことはありません。

一方私たち日本人の場合、肌は色白でも、体毛は黒色です。

そのため青髭は非常に目立ち、清潔感がないおじさんに見えてしまうのです。

 

髭があるときとないときのイラスト例

イラストで比較すると、髭があることで人の印象は変わるのがはっきりと分かります。

髭のない左側のイラストは、20代の若者らしい清潔感や爽やかさを感じさせます。

一方、右側のイラストのように、口から顎にかけて髭があると、まったく同じ人物でも周囲の人が受ける印象はがらりと変わります。

 

大抵の人は「30歳から35歳くらいかな」というイメージを持つことでしょう。

また髪形がきちんと整っていても、清潔感はそれほど感じません

これはわたしのようなサラリーマン、特に営業や販売など人と接するポジションで働く人にとってはまさに死活問題です。

イラストでさえ印象が変わってしまうので、実際の人が見ても同じ印象を持ちます。

ですから、髭脱毛をすることでイメージが変わり、若く見られるというのは、仕事やひいては人生に役立つ効果があると断言できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。