髭脱毛で効果がないと感じる人に知ってほしい3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛の効果を感じるために知るべきこと

口コミサイトを見てみると、髭脱毛をサロンで行ったけれども効果なしだったという意見を見かけます。

しかし、その意見をよく読んでみると、髭脱毛について正しく理解していないため、効果を感じることができていないことが原因ということが分かりました。

今回は、よく書かれていた3つの誤解について、解説します。

レーザー髭脱毛は効果がないという人の3つの誤解

①レーザー髭脱毛は1回で終わらない

まず髭脱毛は1回施術を受けただけでは完了しないです。

髭は一定のサイクルで生えては抜けて、また生えてという工程を繰り返しています。もしレーザー脱毛をしたときに抜けていて、毛穴に毛のない場合は効果がありません。ですからしばらくすると、髭が生えてきます。

ここで、髭脱毛をしてキレイに抜けたのにまた髭が生えてくるので、効果がなかったと感じてしまいます。

②髭脱毛しても、何度も生える

髭はホルモンバランスが崩れたときに、また生えてしまうことがあります。

男性ホルモンは体毛を濃くする働きがあるので、活性化すると髭が再生する恐れがあります。生活習慣が乱れていると、男性ホルモンの分泌が多くなるため、ホルモンバランスが崩れてしまい、髭が生えてくるということになります。

無駄に夜更かしをする、運動不足が慢性的になっている人は注意が必要です。

③レーザー出力が弱く効果がない

髭脱毛の方法として、医療レーザー脱毛があります。

髭脱毛の効果がないと感じているのであれば、レーザーの出力が弱いことが理由かもしれません。レーザーの出力が弱いと、毛乳頭を破壊できず脱毛ができません。その結果、また髭が再生してしまうことになります。

痛みが強くはなりますが、レーザー出力を上げて見ると、効果を感じられます。

脱毛効果を感じるための具体的な実践について

脱毛の効果がないという意見でよくある3つの誤解について書いてきました。

それらの誤解について、具体的にどのようにすれば効果を感じられるのかを解説します。

①1年以上は通う必要がある

髭が濃い人が脱毛の効果を実感するために、10回以上はレーザー脱毛の施術を受けることと、長期戦を覚悟しておくことが大事です。

どの程度時間がかかるかは、その人の髭の濃さやどの程度まで薄くなれば満足かによって個人差があるので一概には言えません。しかし一般的に、少なくとも1年間は通わないと満足できる髭脱毛の成果は実感できないです。

②保湿と毛周期を理解する

髭脱毛をする際には、毛周期を理解する必要があります。

先ほども紹介したように、髭は成長して抜けて、また発毛するを一定のリズムで繰り返しています。そこで毎日、レーザーを照射しても、あまり意味がありません。毛周期のサイクルに合わせて一定のインターバルを置いて施術を受ける必要があります。

目安としては、1~3か月に1回くらいのペースで通うことになります。髭が薄くなるにつれて、間隔は空いていきます。また髭脱毛をすると、肌がダメージを受けます。乾燥しがちなので、保湿ケアをしっかり行うことも大事です。

③徐々にレーザー出力を上げる

レーザーの出力が弱いと、髭が抜け落ちることがないため、特に脱毛効果を実感できないです。

その場合、出力を上げれば、より大きな脱毛効果を実感できるでしょう。ただし出力を上げれば効果も高まる半面、施術中の痛みも強くなります。痛みに我慢できるかどうかを確認しながら、徐々に出力を上げることが大切です。

 

髭脱毛の効果を感じられないという人に共通している誤解をまとめてみました。私も、毛周期を理解していなかったので、髭が何度も生えてくることについて、効果がないと感じていました。

正しく理解して実践すれば、必ず脱毛効果を感じることができます。

髭脱毛へ一歩踏み出したくなってきたでしょうか?

私がオススメしている脱毛クリニックは、すべて無料のカウンセリングを実施しているので気軽に相談してみることが、髭脱毛への近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。